Webサービス / WEB解析

Webサイトの現状を把握・分析。アクセス解析による現状分析はサイト運営に欠かせないサービスです。

すでに多くの企業様が自社サイトをお持ちだと思います。その自社サイト、こんなことを感じてはいませんか?

 
  • お問合せや資料請求がなかなか増えないが、Webサイトは実際機能しているのだろうか?
  • Webサイトへの投資対効果をあげるためには、具体的にどうしたらよいのだろう?
  • 問題点がどこにあるのかもわからないから、リニューアルを検討したいのだけど、どこをどのように改善したらよいのかわからない。

企業様によって Webサイトが抱える問題は様々です。まずはWebサイトの現状を把握・分析することがサイトの改善、最適化への近道です。

定量・定性データ両側面から見た、サイト利用状況と改善箇所の洗い出しが可能

Googleアナリティクスによるアクセス解析、マウスの動きを記録するヒートマップ解析のご提供が可能です。

サイトのゴールを設定する

アクセス解析をする第一歩はサイトのゴール(目的)を決めることです。ゴールが見えないままなんとなく作成してしまったサイトでも、解析をする際には、仮説でゴールを決めましょう。ゴールを決めることで、次なる改善策が見えてくるものです。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)による定量解析

検索エンジンからのキーワード分析

どんな検索エンジンから、どんなキーワードを使ってサイトに訪れたのかを知ることは、自社サイトのニーズを知るための第一歩です。1語キーワードの他、2語キーワードでの調査も可能です。ニーズの高いキーワードが自社の売りたいサービスと一致しているのか、現状を知り改善につなげます。

ユーザーの行動を見てみる

ページビュー数、ページ別訪問数、滞在時間、直帰率などから、自サイトの利用状況を知ることができます。競合他社との差が大きいときは、ニッチなキーワードを見つけ、新たにコンテンツを作成することもよいでしょう。今までと違った問合せを獲得することも可能です。

マウスの動きを記録する、ヒートマップ解析による定性解析

ユーザーがーどんな行動をとっているのか、クリック以外の状況もリアルに確認できる、ヒートマップの解析ができます。必要なコンテンツは果たして読まれているのか、ページの遷移に迷っていないだろうかなど、視覚的に確認できます。

マウスの動きを記録する、ヒートマップ解析による定性解析

アクセス解析後の改善

アクセス解析後は定期的な改善を行いましょう。ターゲットユーザーやコンテンツ全体を見直す場合は全面リニューアルになりますが、日々の解析結果を活かすには、定期的な部分改善が必要です。ゴールに向かって、継続した改善につなげていきましょう。

改善のポイント

目標は必ず立てましょう。かけ離れた大きな目標は見失いがちです。結果が読めるようなものがよいでしょう。

 
  • 資料請求の申込みを週に1回はもらえるようにフォームを改善する。
  • 長いページには、ページ上部にアンカーリンクを設置してみる
  • クリックに迷っているところのバナーデザイン改善する

万全なセキュリティ体制

アクセス解析のデータも大切なお客様の情報です。弊社では個人情報保護に関する社内コンプライアンス・プログラム(実践遵守計画)を定め、全ての業務について個人情報の取り扱いとあわせた運用を行っております

 
  • お預かりしたID、パスワードは適切に保管し、他に漏えいしないように保管致します。
  • 定期的に運用に関する研修を実施しております。
  • Webのおける会員情報の管理など、個人情報に関する業務については、原則、委託はせず、社内業務とし、やむを得ない場合のみ、守秘義務契約を結んだ委託先へ業務委託を行います。委託先については現地調査も実施し、弊社と同レベルの基準としています。


まずは、お気軽にお問い合わせください。

お見積り・お問合せはこちら 非公開実績もございます。お気軽にお問合せください。

ページの先頭へ