サービス / アンケート(質問紙)設問設計

課題を明確に!
活用できるアンケート作成のノウハウをご提供いたします。

展示会やイベントでの来場者アンケート、キャンペーンのアンケート、顧客満足度調査など、業種や分野を問わず、様々な場面で実施されているアンケート調査ですが、その結果を十分に活用されているでしょうか。
何のために調査するのか?何を知りたいのか?結果をどう活かすのか?
アンケートを作成する時には、事前に調査目的や項目、調査方法などをよく検討し、明確にしてから設計することが重要です。
アンケート調査をしてみたいと思ったら、マイ.ビジネスサービス.までお気軽にお問合せください。

紙によるアンケートもWebや携帯アンケートも可能

調査対象や調査目的によって、最適な方法を選択します。紙とWebと両方で実施して、データベースを構築し、一元管理することも可能です。

data_service_quest_img01

紙によるアンケートの特徴

メリット

  • ・質問数の多いアンケートや回答するのに時間を要するアンケートに適する
  • ・展示会などの来場時に製品の評価などをその場で記入してもらえる

デメリット

  • ・回答モレや指定数以上の選択肢を選んだ場合のチェックができない
  • ・回収率をあげる工夫が必要
  • ・必ず本人が記入したかの保証がない

調査設計のポイント

何のために調査するのか?結果をどう活かすのか?まずは調査目的を明確にすることから始めます。クライアント様にとっては、あれも聞きたい、これも聞きたいとなりがちですが、調査設計は結果を左右する大きな要因となります。ヒアリングにより現状を把握し、課題を洗い出し、調査手法、調査対象、調査項目を決定していきます。

調査票作成のポイント

  • 難しい表現や誤解を招くような表現、あいまいな表現をしない。
  • 回答者が不愉快になるような表現をしない。特に個人情報やデリケートな質問は、本当に必要でないかぎり聞かないこと。
  • ダブルバーレル(2つ以上の内容をもつ)質問文は作らない。
  • 選択肢は次元やレベルをそろえること。
  • 誘導したり、先導したりしない。前の質問が後の質問の回答に影響を与える(キャリーオーバー効果)のないように設計する。
  • デザインやレイアウトによっても、回収率や、回答モレ、ミス率を左右する重要なポイントとなる。

万全なセキュリティ体制

無記名のものから、個人情報が含まれるもの、センシティブなテーマのアンケートまで幅広く実績がございます。個人情報保護に関する社内コンプライアンス・プログラム(実践遵守計画)を定め、個人情報の適切な取り扱いと管理に努めております。センシティブな内容のアンケートの場合にも、システムと運用の両面からセキュリティ対策を強化して行っております。

紙・Web・モバイル等様々な媒体のアンケートの作成からアンケートの実施運営・データ入力・集計などトータルでも、部分的な業務でも、お客さまのアンケートの実施運営体制・ご予算にあわせてお手伝い致します。



まずは、お気軽にお問い合わせください。

お見積り・お問合せはこちら 非公開実績もございます。お気軽にお問合せください。

ページの先頭へ